結納って何?part.1

寒さに逆戻りするときもありますが、最近は一気に暖かくなって

もうすぐ春が来るな~、と感じる今日この頃です。

 

最近、周りの友人が結婚することも多くなり、ちょこちょこと結婚式関連のことを聞かれます。

中でも今回は質問率が高かった「結納」についてまとめてみます。

これから結納を控えている人は参考にしてみてね!

 

①「結納」とは…

結納とは、正式に婚約を整える儀式のこと。

文字通り、両家が親類として「結び」つくことを祝い、贈り物を「納め」合うことを意味します♪

 

②結納のスタイル

結納には「正式結納」と「略式結納」の2種類が存在。

・「正式結納」は仲人が両家を往復して、9品目の結納品や結納金を届けるスタイルを指します。こちらは古くから行われているスタイルになります!

・「略式結納」に関しては、両家がどちらかの家やホテル、料亭などに一堂会して結納を交わすスタイルです。こちらは結納品の数も減らしてライトに行われます。

 

…と今回は結納の基本知識についてでした。

次回は具体的な結納の流れに関して更新します!

 

 

【イベントレポート】ウエディングアワードに行ってきました♪

今日から2月になりまして、時間の経過って早いな、と感じる今日この頃です。

今回は月曜に行われた「第2回軽井沢ウエディングアワード」のイベントレポートを行いたいと思います!

このイベントは、軽井沢の加盟挙式会場の結婚式を紹介することにより、関わる人々の想い、結婚式を挙げることの大切さ、軽井沢ウエディングの魅力を紹介する軽井沢ウエディング教会が主催するウィンターフェスティバルです。

軽井沢の挙式会場さんが手掛けられた実際の挙式の様子も見られるほか、 カップルさんもプランナーさんも一つの挙式に向けての熱い思いが感じられるイベントでした!

参加した人の中にはこれからウエディング業界を目指す学生さんの姿もちらほら…

今年のグランプリは有明邸さんが手がけた結婚式。

軽井沢でレストランを開いていらっしゃるご夫婦にスポットライトを当てられていました。

発表の中で、とあるプランナーさんがおっしゃっていたように 、私もウエディング誌に携わるまで結婚式=派手、豪華、友だちいっぱい といったイメージがあったのですが、

今のウエディングってささやかながらのお食事会みたいな式もできるし、旅行みたいな式もできるし、切っても切り離せないお金問題も、プランナーさんに相談すればクリアになるところもありで、固定観念で挙げないのはもったいないなと、いうのが率直な感想です。

なにより、今まで挙式取材をさせてもらったカップルさんは 「結婚式、もともとは挙げる予定じゃなかったんだけど、挙げて良かった」 という方が多いですし、これから人生歩んでいくけじめになるのではないかな、と思います。

 

結婚式を迷われている方、この機会にお近くの会場さんに足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

挙式会場の皆さんも、こんなにフレンドリーな方たちなので親身に相談に乗ってくれますよ。

※プレゼンターの会場さん、こんなに手の込んだ応援をしてくださる気粋な方々が多いのです。

 

【イベントレポート】軽井沢ウエディング合同バスツアー2018に行ってきました!

「2018年も素敵で楽しい結婚式をたくさん取材紹介したい!」と仕事始めたこまちウエディング編集部です。さっそくブライダルフェアの取材に出かけてきました!

年明けの恒例といえば、すっかりお馴染みになった感のある「軽井沢ウエディング合同バスツアー」。軽井沢ウエディング協会加盟の結婚式場を1日で回れるイベントツアー。参加無料、ポイントだけ押さえた効率のいい見学ができる、など良いことづくめのイベントですが、毎年改良が重ねられ、どんどん完成度の高いブライダルイベントになっています。そこで今年も軽井沢ウエディング協会さんのご厚意に甘えて、潜入取材を実施させていただきました!

 

今年の大きな変更点は、

・午前、午後の2部制ではなくなり、1日で全会場見学に
・参加者全員に試食ランチ付き(提供はヴィラ・デ・マリアージュ軽井澤)

 

つまり、半日コースは無くなり、1日で全会場見学のコース設定のみとなり、その代わり必ずランチ試食が受けられます。半日見学でもう半日を観光&ショッピングで過ごすということはできませんが、全会場を見られるということは大きいと思います。ショッピングも夕方でも終わった後にと割り切れば問題なしです。

 

というわけで行ってきました!


▲集合場所は軽井沢駅の南口。軽井沢プリンスショッピングプラザが目の前です。

 

2018年1月某日。不安定な天気予報が出た週末でしたが、当日は見事に快晴!道路上に積雪もありませんでしたので、自家用車で来た人もホッとしたのではないでしょうか。

バスに乗り込み出発です!まずは添乗員となる軽井沢ウエディング協会のスタッフさんが本日の見学スケジュールを発表してくれます。


▲スタッフさんがしっかりと進行管理してくれるので安心です。

 

1軒目:旧軽井沢ホテル


▲自然を活かした中庭が本当にキレイ!奥に静かにチャペルが佇んでいます。

クラシック&モダンな佇まいが素敵な旧軽井沢のホテル。改装中ということでエントランスからロビーは工事中でしたが、チャペルとパーティー会場は問題なく見学できました。自生の木々を活かした中庭にあるチャペルの雰囲気が抜群でした!改装後が楽しみです♪

 

2軒目:軽井沢クリークガーデン


▲アーチ状の梁がアーティスティック!窓も広くて明るいです

木の温もりあふれる建物と円形を組み合わせた美術館のような構造の設計が訪れる人をワクワクさせるだろうゲストハウスです。メイン見学ポイントとなったチャペルではプランナーさんが記念撮影をしてくれ、参加カップルさんも楽しそうに見て回っていました。

 

3軒目:旧軽井沢 ホテル音羽ノ森


▲ちょうど本物の結婚式に遭遇!一気にイメージが高まったのでは?

「The 軽井沢!」と言えるような欧風的でクラシックな内外装と白亜の教会が印象的です。ちょうどこの日は結婚式があり、教会から出てきた新郎新婦の姿を見ることができました。その後のチャペル見学では牧師さんが登場してくれ、温かで深みのあるお話を聞けました。

 

4軒目:ホテル軽井沢エレガンス


▲インスタ映えのするチャペルでは記念のツーショット写真を撮る時間も

ここもクラシックなホテルと緑の眺望豊かなチャペルが印象的。なんとこちらのホテルオーナーは現役パティシエ!それゆえに料理とデザートに対するこだわりは並々ならぬものがあるとか。改めて試食にも出かけてみたいですね。プチギフトのマカロンも嬉しい!

 

5軒目:ヴィラ・デ・マリアージュ軽井澤


▲軽井沢に来ていることを忘れるような景観。でもしっかり森に囲まれています。

同じ欧風でも南フランスにある海辺の町をイメージさせるゲストハウスです。こちらも結婚式を行っており、挙式直前のパーティー会場や先輩カップルの会場装飾を見ることができました。パーティー会場やチャペル前の大階段もプリンセス感が抜群です!

 

ここでランチタイム。そのままヴィラ・デ・マリアージュ軽井澤さん特製のランチコースを味わいました。和風出汁を利かせて食欲を増進させるスープから始まり、天然酵母を使ったお代わり必至のパン、ブイヤベースをかけて仕上げる魔法の魚料理、温かいフォンダンショコラと自家製バニラアイスの組み合わせが絶妙なデザートと、結婚式の料理も期待させる仕立てでした。飲み物も料理に合わせてノンアルコールドリンクを変えるというこだわりぶり(個人的に樹齢35年のみかんから搾ったみかんジュースがヒット!)です。

 


▲「魔法」と言われたスープをかけてメインの魚料理がその場で完成!


▲温かいフォンダンショコラと冷たいバニラアイスが絶妙にマッチ!


▲ワイン用のブドウから作られたブドウジュース。オーストリア産と塩尻産を飲み比べです。

 

6軒目:ホテルハーヴェスト旧軽井沢


▲「結婚式の後はそのまま泊まりたい!」と思った人が多かったのでは?

午後の部は軽井沢駅から一番近くにあるリゾートホテルから。温かい飲み物をいただきながらレストラン、ガーデン、チャペルを案内していただきました。宿泊用の客室も見学させてもらいましたが、リゾートホテルならではで本当に素敵!絶対宿泊も使いたくなります。

 

7軒目:軽井沢プリンスホテル フォレスターナ軽井沢


▲開けた外の眺めが抜群です。石造りと木のコントラストも素敵!

軽井沢プリンスショッピングプラザを横目に通り過ぎながら、系列のゲストハウスへ。回廊を左右に隔ててチャペルとパーティー会場がセットで対になっていて、個性の異なるテイストの好きな方を選べます。アウトドアテイストのコーディネートが可愛かった!

 

8軒目:アネーリ軽井沢


▲良い意味で想像を裏切られた、外観から想像できない明るくて開放的なチャペル!

駅周辺エリアを離れ、ロードサイドながらも深い森の中にあるゲストハウス。まずは石を積み上げて円形状に設計されたチャペルはこれまで見学したチャペルとまた趣の異なる感じです。2つ見学したパーティー会場もガーデンあり、大階段ありと使い勝手よさそう!

 

9軒目:ゆとりろ軽井沢ホテル


▲ポップでカラフルなチェアが斬新。明るくて広いレストランです

今年バスツアー初参加となるホテルで、こちらもチャペル、パーティー会場のほかに客室も見学させていただきました。愛犬と一緒に歩けるバージンロードなど、一風変わった取り組みもまた斬新です。こちらのパーティー会場も広いお庭付き!静かで心が落ち着きます。

 

10軒目:軽井沢倶楽部 有明邸


▲温かみのある木製建築の別荘と平服のスタッフさん。居心地の良さが抜群!

本物の別荘を結婚式場として改築しただけあって、本当に人が住んでるのでは!?と思うほど、まさにゲストハウスです。挙式場では浅間山が真正面に見えるように作られていて違った壮麗さがあります。後半は温かな飲み物をいただきながら談笑タイム。アットホームです。

 

このような感じで各会場を約20分ずつ見学することができるんです。気になる会場には、後日あらためて来館してみるといいですね♪

軽井沢が初めて、というおふたりには、便利なツアーだと思います!

気になる方は、下記のHPにアクセス!ツアーの詳細がわかります!ぜひ、参加を~♪

 

開催日は、2018年1月27日(土)、2月3日(土)、11日(日)
※2月11日の回は満席となりました。
JR軽井沢駅南口から10時10分出発です。
(予約制なので、必ずホームページから予約してからお出かけしてくださいね)

予約は、軽井沢ウエディング協会のホームページから
http://wedding.karuizawa-kankokyokai.jp/info/info580/

問い合わせ
軽井沢ウエディング協会(軽井沢観光協会内)
TEL:0267-41-3850